グローバルのウェブマスター向け公式 Google+ ページを公開しました!

2014年4月23日水曜日 | 11:39

先日 Google では、世界中のウェブマスターの方に向けたグローバルの公式 Google+ ページを公開しました。もうご覧いただけましたでしょうか?この Google+ ページでは、
といった幅広い情報をお届けします!

ページ上では、英語による投稿が多いですが(英語がわからなくても楽しめる写真の投稿もたくさんあります)、ページ以下にはイタリア語日本語ロシア語、またはスペイン語を話すウェブマスターの方々が情報交換を行えるコミュニティも設けています。

ぜひウェブマスター向け公式 Google+ ページをフォローして日々更新される情報をチェックしてみてください!


Hello from around the world!

Google に企業の電話番号や店舗の情報を表示させるための推奨される方法をご紹介

2014年4月15日火曜日 | 17:15

毎日、多くのユーザーが Google を利用して企業について検索しています。カスタマー サービス用の電話番号や、住所、営業時間などがよく検索されるものです。

このような情報は、通常、会社のウェブサイトの「お問い合わせ」ページに記載されています。Google が正確にそれらの「お問い合わせ」ページを発見し、適切な情報を抽出することができた場合、その情報がユーザーに伝えられる可能性は高まります。 この情報を Google に理解させ、表示させるために推奨される方法を今日は紹介します。

企業の電話番号


現在、様々な企業の電話番号が Google 検索結果に大きく表示されています。例えば、Nest Labs のカスタマー サービス用電話番号を検索すると、以下のように表示されます(現在のところ google.com でのみご確認いただけます)。


本日、あなたのサイトに埋め込む構造化データ マークアップを利用して、表示させたい電話番号を指定する schema.org マークアップのサポートを開始しました。サポートされる電話番号の種類は、以下のようなものです:
  • カスタマー サービス
  • テクニカル サポート
  • 決済サポート
  • 支払い
それぞれの電話番号に対して、フリーダイヤルかどうか、聴覚障碍者が利用できるか、グローバルで利用可能な番号なのか国別の番号なのか、を指定することができます。 国別のカスタマー サービス用電話番号を指定する方法は、こちらをご覧ください (英語)。

店舗サイト向けの推奨


多くのユーザーが、Google を利用してさまざまな店舗を検索しています。多くの場合、最良の情報はウェブサイトのお問い合わせページや、支店リスト ページで見つかります。これらのページには、住所や電話番号、営業時間などが含まれています。


このようなページをユーザーにとっても Googlebot にとっても理解しやすいものにするために推奨される方法 (英語) も本日発表いたします。ここには、クローリング、インデックス登録、デザインに関する推奨事項、そして Google により正確にそのページをインデックスさせるための新しい構造化データ マークアップに関するガイドラインが掲載されています。

また、Google Maps やナレッジグラフ、AdWords キャンペーンなどの Google のサービスに対して店舗の情報をアップデートするためのツールであるビジネス オーナー向けプレイスを利用することも引き続き推奨されています。

なにかご質問がありましたら、ウェブマスター ヘルプ フォーラムをご利用ください。

App Indexing の最新情報

2014年4月8日火曜日 | 17:30

昨年、検索結果から Android アプリへ直接つながるディープ リンクが Google の検索結果に表示される App Indexing を米国で提供を開始したことをこちらのブログでもお知らせしました。Google では今回、新たに 20 を超えるアプリを追加で有効にし、間もなく検索結果にアプリのディープ リンクが表示されるようになります。また、英語のコンテンツへのアプリのディープ リンクを全世界でご利用いただけるようになりましたことを、お知らせします。


Google では引き続き、すべての言語のサイト運営者様にご参加いただきたいと考えています。提供している Android アプリでディープ リンクをサポートしていない場合や、ウェブサイトやサイトマップでこのようなリンクをまだ指定していない場合は、ぜひ対応していただき、こちらの フォーム(英語)から Google までお知らせください。

サイトマップやウェブサイトにディープ リンクを追加する際に、考慮すべきベスト プラクティスをいくつかご紹介します。
  • アプリのディープ リンクは正規 URL にのみ含めるようにしてください。
  • ホームページにおいてもアプリのディープ リンクを指定することをお忘れなく。
  • サイトマップに含まれているすべてのウェブサイト URL に対応するアプリのディープ リンクを設定する必要はありません。提供しているアプリでサポートされていないディープ リンクを含めないようにしてください。
  • ニュース サイトでニュース サイトマップを使用されている場合は、通常のサイトマップと同様に、ニュース サイトマップにもディープ リンクのアノテーションを含めるようにしてください。
  • ネイティブ ARM コードを実行するディープ リンクのアノテーションを指定しないでください。これにより、すべてのプラットフォームで App Indexing が有効になります。
アプリのコンテンツがインデックスに登録されると、提供しているアプリは、通常の動作の場合と同様に HTTP  リクエストを送信する必要があります。これらのリクエストは、サーバー上では Googlebot から送信されたように表示されます。そのため、これらのリクエストを許可できるようにサーバーの robots.txt ファイルを設定する必要があります。

最後に、アプリの戻るボタンをクリックした場合に、必ず検索結果ページに直接戻ることを確認してください。

実装の詳細については、最新のデベロッパー ガイドライン(英語)をご覧ください。この記事に関するコメントやご質問は、ウェブマスター ヘルプ フォーラムまでお寄せください。

インデックス ステータスのデータがサイトのバリエーションに対応し、より正確に

2014年4月7日月曜日 | 17:30

Google ウェブマスター ツールのインデックス ステータス機能では、Google によってインデックスされた、サイトのページ数がレポートされます。以前は、HTTPS サイトのインデックス ステータスのデータは独立して表示されず、HTTP サイトのレポートにすべて含まれていました。しかし、ここ数か月の間に、ウェブマスター ツールを使用してウェブサイトのセクション(HTTPS を使用している場合など)ごとにインデックス登録された URL を追跡したいとのご意見をウェブマスターのみなさまからいただきました。

現在、URL 全体の約 10% が既に安全な接続を使用して HTTPS 経由でデータ転送を行っていることがわかっています。今後は、より多くのウェブマスターの方々がウェブサイトを HTTP から HTTPS に移行することを期待しています。Google では、サイトのインデックス ステータスのデータに関してウェブマスター ツールでの表示方法を改善しました。インデックス ステータス機能では、プロトコル(HTTP と HTTPS)別や、確認済みのサブディレクトリ レベルでインデックス登録されたサイト URL を追跡できるようになりました。

これにより、サイトの異なるセクションを簡単にモニタリングできるようになります。たとえば、次の URL は、それぞれ別々に確認を行った場合、ウェブマスター ツールのインデックス ステータス レポートでデータが区別されて表示されます:

HTTP
HTTPS
http://www.example.com/
https://www.example.com/
http://example.com
https://example.com
http://www.example.com/folder/
https://www.example.com/folder/
http://example.com/folder/
https://example.com/folder/

サイトの URL に HTTPS を使用している、または確認済みのサブディレクトリ(https://example.com/folder/ など)があるウェブマスターには、改善されたデータが表示されます。サブディレクトリのデータは、同じホスト名とプロトコルの上位レベルの確認済みサイトに含まれます。

ウェブサイトが HTTPS を使用している場合や一部のコンテンツが別のサブドメインでインデックス登録されている場合は、対応するインデックス ステータス レポートに変更内容が表示されます。下のスクリーン ショットは、HTTP と HTTPS のサイトのインデックス ステータスのグラフの例を示しています:

HTTP サイトのインデックス ステータス(減少)

HTTPS サイトのインデックス ステータス(増加)

上の図を見ると、インデックス ステータス グラフに「更新情報」(Update)という注釈が付いています。これは、このデータの収集の開始日を示しています。この変更によって、URL のインデックス登録方法や、ドメイン レベルでインデックス登録された URL の総数が影響を受けることはありません。ウェブマスター ツールに表示されるデータのレポートが影響を受けるだけです。

データを正確に表示するには、Google ウェブマスター ツールでサイトの既存の類似パターンすべて(www. あり、www. なし、HTTPS、サブディレクトリ、サブドメイン)に対して確認を行う必要があります。Google では、優先するドメインや正規 URL を適宜設定することをおすすめします。

サイトマップを送信する場合は、対応する URL を使用してウェブサイトの優先する類似パターンに対して確認を行う必要があります。なお、robots.txt ファイルはプロトコルやホスト名ごとに区別されて読み取られます。

今回の更新がウェブサイトのインデックス登録に関する問題の解決に役立てば幸いです。詳しくは、インデックス ステータスに関するヘルプセンターの記事をご覧ください。また何かご不明な点がありましたら、お気軽にウェブマスター ヘルプ フォーラムをご利用ください。

App Engine の利用する IP 範囲変更のお知らせ

2014年3月25日火曜日 | 17:06

Google では、それぞれのサービスについて、広い範囲の IP アドレスを利用しており、それらは予告なく変更される可能性があります。Google App Engine は様々なサードパーティ アプリケーションがホストされている Platform as a Service(PaaS) です。この度、その IP アドレス範囲および、Google App Engine URLFetch や Sockets API が送信するヘッダーに関して変更が加わりましたので、お知らせいたします。

App Engine の IP 範囲を、インバウンド リクエストをフィルタするために利用することは推奨されていません。しかし、特定のアドレスを対象にしたフィルタを利用するサービスがあることは事実です。Google App Engine の IP 範囲は今月から変更されますので、その IP 範囲を特定するためには、こちらの指示(英語)に従ってください。

また、個別の App Engine アプリケーションを特定するためにこれまで利用されてきた HTTP User-Agent ヘッダー 文字列は、これ以降利用されるべきではありません。新しく導入された Sockets API を利用することにより、URLFetch API を利用することなく、 好きな User-Agent を設定した HTTP リクエストを送信することができます。