Posted:
このたび goo.gl 短縮リンクに新機能が加わり、1 つの goo.gl リンクを Android アプリ、iOS アプリ、ウェブサイトなどにまたがるコンテンツへのリンクとして使用できるようになりました。Android と iOS の App Indexing を設定すると、goo.gl で生成されたリンクは、アプリをインストール済みのユーザーはアプリ内の適切なページへ、そうでないユーザーはウェブサイトへリダイレクトするようになります。これにより、ユーザーにアプリを再度利用してもらう機会を増やすことが可能になります。この機能は過去に生成した短縮 URL にも同じように適用されます。

適切に機能するリンクを共有しよう

さらに、URL Shortener API をアプリの共有フローに統合すると、ユーザーがリンクを共有する際、プラットフォームが異なっていても自動的にネイティブ アプリにリダイレクトされるようになります。また、自分のアプリへのディープリンクを、他のウェブサイトやアプリに埋め込むこともできます。

Google マップを例に説明しましょう。クロスプラットフォームになった goo.gl リンクを開くと、ユーザーがどのプラットフォームを利用しているか、マップ アプリがインストールされているかどうかが自動的に検出されます。アプリがインストールされている場合は、Android または iOS のマップ アプリで直接そのコンテンツが開かれます。アプリがインストールされていない場合やパソコンを使用している場合は、マップのウェブサイトが表示されます。

実際に試してみましょう。Google マップ アプリがインストールされた携帯端末で、http://goo.gl/maps/xlWFj にアクセスしてみてください。

設定方法

goo.gl を利用して、あなたのアプリへのディープリンクを設定するには:
  1. g.co/AppIndexing にアクセスし、Android と iOS で App Indexing を使用するのに必要な手順を行います。なお、現行の Google 検索からのディープリンクとは異なり、goo.gl ディープリンクはすべての iOS 開発者が利用できます。この手順を完了すると、既存の goo.gl 短縮リンクもアプリへのディープリンクとして機能するようになります。
  2. 必要に応じ、URL Shortener API をアプリの共有フローやメール キャンペーンなどに統合します。これにより、アプリに直接アクセスできるディープリンクをプログラムによって生成できるようになります。
この新機能を活用し、クロスプラットフォームでのリンクの共有にお役立てください。

Posted:
Google では、ユーザーが Google 検索結果で簡単に関連性の高い Android アプリ内のコンテンツを見つけることができるような仕組みとして、App Indexing を提供してきました。本日より、iOS アプリでも同じ仕組みをご利用いただけるようになりました。これにより、Android ユーザーも iOS ユーザーも、Google 検索結果からモバイルアプリのコンテンツを直接開けるようになります。

今後数週間のうちに、いくつかのアプリのディープリンクが、Google アプリあるいは Chrome を利用しているログイン済みの iOS ユーザーの検索結果上に現れるようになります。

iOS アプリをインデックスに登録する方法

iOS 向け App Indexing はまず、小規模のテスト パートナー様を対象に開始いたします。Google では、できるだけ早く他のアプリ開発者様にもこの技術をご利用いただけるよう取り組んでいます。まずは iOS 向け App Indexing をご利用いただくための準備として行っていただける手順を以下にご紹介します。
今週の Google I/O に参加される方は、「Get your app in the Google index(アプリを Google のインデックスに登録する)」というタイトルのセッションで App Indexing について詳しく解説しますのでぜひ足をお運びください。iOS 向け App Indexing に関しては g.co/AppIndexing でも詳細なドキュメントをご覧いただけます。
他にご不明な点がある場合は、ウェブマスター ヘルプ フォーラムでご質問ください。

Posted:
Google 検索のインデックスに登録したアプリ内コンテンツが、どのような検索クエリで何位に表示されているか、人気のあるアプリページはどれか、エラーになっているページはないか、などの情報を取得できれば便利になると思いませんか?このたび改名した Search Console に、アプリ内コンテンツが Google にどのように認識され、検索結果でどのように扱われるかに関する新しいレポートを公開しましたので、お知らせいたします。

Google では Search Console を、コンテンツの形式を問わず検索に関心を寄せるすべての人にとっての包括的な情報源にすることを目指しています。つまり、アプリの所有者や開発者の皆様も、Search Console を検索の統計情報を把握するために役立つ新たなツールとしてご利用いただけます。


アプリを Search Console に追加する

Search Console を開き、アプリ名を android-app://com.example という形式で入力します。データは認証済みのアプリ所有者にだけ表示されるため、Google Play アカウントを使用して、アプリへのアクセス権があることを Search Console に通知する必要があります。Google Play でアプリへのアクセス権がない場合は、アプリの所有者に連絡して Search Console でアプリの確認手続きを行ってあなたを追加してもらってください。

サイトとアプリを関連付ける

App Indexing を機能させるためには、アプリとサイトを関連付ける必要があります。この関連付けはアプリ内コンテンツの認知や掲載順位の向上にも役立ちます。

検索でのアプリ内コンテンツのパフォーマンスをトラッキングする

新しい検索アナリティクス レポートでは、上位クエリ、上位のアプリページ、トラフィックに関する詳細情報を国別に表示できます。また、包括的なフィルタのセットも用意されており、レポートを特定のクエリタイプや地域で絞り込んだり、クリック数、表示回数、CTR、掲載順位でソートしたりすることができます。


検索アナリティクス レポートを使用して、自分が最も重要と考えているアプリ内コンテンツと、実際に検索で表示され最多のクリック数を獲得したコンテンツを比較します。これらが一致していれば、問題はありません。見てもらいたいコンテンツと、ユーザーが必要としていて見つけられたコンテンツが同じであることになります。これらがあまり一致していない場合は、ナビゲーションの再構成や、最も重要なコンテンツを見つけやすくするなどの対応が必要な可能性があります。また、ユーザーに見つけてほしいアプリ内コンテンツへのディープリンクが設定してあるか確認することもおすすめします。

アプリ内コンテンツを確実に Google に登録する

アプリ内コンテンツをインデックスに登録する際にエラーが発生した場合、検索結果にはそのアプリページのディープリンクを表示することができません。クロールエラー レポートで、検出されたエラーの種類と回数を確認できます。

アプリ内コンテンツが Google にどのように認識されているか確認する

あるアプリ URI が機能するかどうかをチェックしたり、そのアプリ URI が Google でどのようにレンダリングされるか確認できるよう、Google ではアプリ用 Fetch as Google ツールのアルファ版を作成しました。このツールは、アプリ内コンテンツとウェブページのコンテンツを比較してコンテンツの不一致などのエラーをデバッグする場合にも便利です。多くの場合、コンテンツの不一致のエラーは、アプリ内のブロックされたリソースや、ユーザーにログインや登録を求めるポップアップなどが原因で発生します。このような問題を確認して解決できるようになりました。




みなさんが所有するアプリの最適化やトラブルシューティングを開始するには、所有するアプリを Search Console に追加する必要があります。App Indexing について詳しくは、デベロッパー サイトで関連する記事をご覧ください。なお、ご不明な点がありましたら、ウェブマスター ヘルプ フォーラムをご利用ください。

Posted:
Google ウェブマスター ツールは、これまで 10 年近くにわたって、すばらしいウェブサイトを作成し、Google 検索に表示させるためのツールとして、絶え間なく進化を続けてきました。昨年 Google では、このツールをさらに便利なサービスにするため、ウェブマスター ツールをよくご利用いただいているユーザーの皆様がどのような立場で、何を目標とされているかについての調査を行いました。

その結果、従来のいわゆる「ウェブマスター」は、ウェブマスター ツールのユーザーの一部でしかないということがわかってきました。ウェブマスター ツールは、小規模事業主から、SEO の専門家、マーケティング担当者、プログラマー、デザイナー、アプリ デベロッパー、個人のサイト運営者、そしてもちろんウェブマスターまで、さまざまな方々にご利用いただいていたのです。すべての方々に共通していたのは、「作ったものをオンラインで公開したい、Google 検索ですぐに見つかるようにしたい」という気持ちでした。そこで、Google ウェブマスター ツールの名称を Google Search Console に一新し、Google 検索に関心を寄せるすべての方々を対象にサービスを提供することになりました。


今後は Google Search Console としてさらにサービスを充実させて参ります。ウェブマスターの皆様をはじめ、さまざまなタイプのユーザーの皆様に Google Search Console をご利用いただき、検索結果でのコンテンツの表示の診断や改善にお役立ていただければと思います。今回のサービスの変更は、今後数週間で順次公開予定です。ぜひ今後の最新情報にご注目ください。

Google Search Console は g.co/SearchConsole からご利用いただけます。ぜひお試しください!

Posted:
Google サーチ クオリティ チームでは、先日開始したモバイル フレンドリー アップデートに先立ち、3 月の間 Google+ や Twitter 上で #MobileMadness と題したキャンペーンを実施し、サイトをモバイル フレンドリーにするために参考になる情報を発信しました。キャンペーン中は、参考になる tips(ヒント)のご紹介だけでなく、ウェブマスター オフィスアワーを開催してみなさんのご質問にお答えしたり、Google+ の投票機能を使ってウェブマスターの皆さんの声を聞いたりと、様々な企画を行いました。ここで 1 か月に渡ったキャンペーンについてまとめてご紹介したいと思います。

モバイル フレンドリー Tips

1 か月の間、サイトをモバイル フレンドリーにする際に参考になる tips (ヒント)をご紹介しました。
例えば、モバイル サイトをデベロッパーと共同で構築する際に気をつけたいポイントをまとめてご紹介したり、
Google+ 上での投稿

リダイレクトの設定で間違えやすい点をご紹介したりしました。
Google+ 上での投稿
他にも様々な tips(ヒント)をご紹介しましたので、ぜひ Google ウェブマスター コミュニティ上の投稿をご確認ください。

ウェブマスター オフィスアワー

3 月 19 日に実施したウェブマスター オフィスアワー(Hangouts On Air 形式の Q&A セッション)では、モバイル フレンドリー アップデート関連の質問もたくさん頂き、サーチ クオリティ チームのメンバーでお答えしました。
また、3 月のキャンペーン期間後にはなりましたが、モバイル フレンドリー アップデート直前の 4 月 16 日にもウェブマスター オフィスアワーを開催し、多くのご質問にお答えしました。

ウェブマスター みんなで投票

その他にも、Google+ の投票機能を使い、ウェブマスターのみなさんに、モバイル フレンドリーにまつわる質問にお答えいただきました。例えば、「この投稿を、どの端末から閲覧していますか?」という質問では、41 % の方がモバイル端末上から投稿を閲覧していることがわかり、モバイルからのコンテンツの閲覧が一般的になってきていることが垣間見えました。
また、「モバイル端末からブラウジングする際に、最も不快なことは何ですか?」という質問では、36% のウェブマスターが「インタースティシャル広告が表示される」ことを最も不快に感じているという結果になりました(英語圏のウェブマスターの回答では、43% のウェブマスターが「表示速度が遅い」ことを最も不快に感じているという結果となり、インタースティシャル広告が表示されることが最も不快と感じるのは 17% と、言語圏による違いも見られました。興味深いですね!)。

モバイル フレンドリー サイト 1 か月チャレンジの結果

キャンペーン中、「サイトを 1 か月でモバイル フレンドリーにすることにチャレンジしてみましょう」という呼びかけを行ったところ、世界中で多くのウェブマスターの方に参加頂きました。ここでは参加された方の声をいくつかご紹介します。
  • ニコラス・シェバリエールさん: #mobilemadness 以降、私たちが管理しているほぼすべてのサイトをレスポンシブ デザインへと変更することができました。
  • ダニエル・ハリソンさん: まだレスポンシブ デザインへの更新作業中です。2 週間後までには 100%終えられるように頑張ります。 ギーナ・ガウジオ・グレーブスさん: 私たちのサイトはもう完全に #mobilefriendly です。[中略] さらに、多くの生徒たちのサイトも #mobilefriendly になりました!どうもありがとう!
  • アンドリュース・ベッカーさん: もう 2、3 日 必要ですね。たくさんサイトがあるんですから :) 現在はだいたい 90% というところでしょう。
#MobileMadness キャンペーンにご参加いただいた皆さん、どうもありがとうございました! 最後にもう一度、モバイル フレンドリー テストモバイル ユーザビリティ レポートを利用してサイトがモバイル フレンドリーとなっているか確認しましょう。また、モバイル ガイドでは、サイトをモバイル フレンドリーにする上でのステップについてステップごとに詳しくご紹介していますので、ぜひご活用ください。

モバイル フレンドリー サイトのための確認シート

また、今回、サイトをモバイル フレンドリーにする上での確認シートを作成しました。こちらからダウンロードして、ご利用ください。
もちろん、何かご不明な点がある場合は、いつでも ウェブマスター ヘルプ フォーラムへお寄せください。